2013年06月10日

バラが咲いた。

見ごろのバラなど 002.JPG見ごろのバラなど 017.JPG見ごろのバラなど 013.JPG見ごろのバラなど 019.JPG


近所のバラに較べて、なかなか咲かなかったバラがようやく見ごろになりました。

もう、アジサイも咲き始めました。

明日は、レッスン日。

頑張ろう。





posted by piomio at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

ロックのドラム

ドラムテキスト 011.JPG

せっかくドラムを習っているので、ロックも出来た方が楽しいと思い、先生にお願いして8ビートの基本を教わりました。

目新しいことは、少し楽しいです。

でも、練習しないとスムーズにはできないので、練習しなきゃいけないけど、あんまり練習しないんですよね。

どうしてかなぁ。

ピアノの練習を優先してるから、ついつい後回しになって毎日が終わっていまうから、ですね。

ドラム優先の日を作ればいいんでしょうね~。

でも、でも、どうしても、ピアノが優先してしまう・・・・・・・。

うーーーん、難題だ。

posted by piomio at 09:42| Comment(0) | ドラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

8分音符。

昨日は、レッスンでした。

今までは、レッスン生どおしで、ドラムとベース(シンセ)を担当し、トリオ形式でやっていましたが、昨日は更にすばらしいことに、フロントとしてシンセでトロンボーンも加わりました。

加わった、と言っても、自分たちで担当するのですが。

昨日のレッスン生は4人だったので、4人がフル稼働です。

3時間近くのレッスン、楽しかったけど、疲れました~。

でも、楽しかった^^


ところで、肝心のタイトルの件。

昨日は、But Not For Me

を演奏しました。

注意点は、いろいろありましたが、一番気になったのが、「8分音符を使うこと。」


最近、ようやく、アドリブができるようになってきましたが、それは、間をとることが少しできてきたからのように思います

間をとっている間に、次のフレーズを考えたり、他の音をきくことができます。

そこで、取り敢えず、少しの音で4分音符や2分音符を使うと、さらに時間稼ぎができます(^_^;)


そうやって、かろうじて、即興的にアドリブをすることができてきましたが、ジャズは8分音符を使わないとジャズらしくないようです。


8分音符でフレーズを即興で弾くには、自分で練習して弾けるようになったフレーズをたくさん引出にしまっておかなければ無理ですよね。

少しづつ、頑張ります♪わーい(嬉しい顔)
posted by piomio at 08:11| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

昨夏のスクールイベント(セッション)での「バードランドの子守歌」

http://www.youtube.com/watch?v=8_VhNwDr5jk

youtubu、2回目のアップです。

恥ずかしい演奏ですが、PCを変えてから録音のアップがうまくできなくなってしまったので、貴重な記録になります。

あのころは、絶壁のように立ちはだかるジャズの壁に苦しんでいました。

アドリブの仕方は暗中模索、間がとれない、リズムにうまくノレナイ、ベースの音を聴く余裕がない、指が思うように動いてくれない・・・・・・。

ほんと、苦しかった時です(^_^;)


今は、壁の登り方が少しわかってきたので、少しずつ少しずつ登っているところです。

がんばろうぴかぴか(新しい)るんるん
posted by piomio at 12:14| Comment(0) | ユーチューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

今日は、バーゲンへ。

今日は、デパートへ^^

午前中の理論講座で頭を使って  くたびれていたけど

デパートは、楽しい!

今は、あまり、「デパート」って単語は使わないかもネ^^

でも、私は、デパート  っていう単語が好き!

ウシウシ^^     楽しかったぁ^^

生活必需品も含め、あれこれ、買いました〜。

紙袋が3つになり、帰りの電車で大変でした。

帰宅したら、真っ暗で、

ベランダには、洗濯物が干しっぱなしで・・・・・。

でも、楽しかった^^

posted by piomio at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

「自分をほめてあげてください。」

セッションに行ってきました。

ドラムを習っているところのセッションです。

その時、セッションリーダーの優しい先生が言ってくださった言葉です。

「自分の演奏は、録音して、聴いてください。

そして、悪かった点だけでなく、うまくできたところもあるはずだから、うまくできたところは自分をほめてあげてくださいね。」



なんて素敵な言葉でしょうぴかぴか(新しい)


 ジャズピアノを習い始めてから、ほめてもらえることは滅多になく、ダメだしをされることがほとんどです。


そのせいか、たま~に、「良かったですよ。」と言っていただいても、「少しマシになった程度なんだろうなぁ。」と思って、あまり喜べなくなっています。

いじけてるのかなぁ。



でも、ちょっとでも進歩できた点はほめていいんだ、となんだか嬉しくなりました。


自分で自分をほめて頑張ろう^^




ところで、曲は  All the things you are と  Girl from ipanema を演奏しました。

All の方は、まずまず、出来た気がしますが、 Girl の方は録音を聴いて愕然とするほどのりおくれていました。

演奏いているときは、「食う」ことに一生懸命過ぎてあわてた感じの気がして、突っ込みすぎないようにしたのですが、実際はみんなのスピード感についていけてませんでした。

テンポの速さ、ではなく、ノリのスピード感についていけてないのです。

ピアノの先生が「ボサノバも必ず、食う、のですよ。」と話していたことが、納得でき、食わなければついていけないことを実感しました。

そして、ついいていけてない、だけでなく、ソロ奏者のノリに大きく邪魔していることも、録音から良く聴きとれます。


ボサ、頑張ってみよう♪
posted by piomio at 13:45| Comment(0) | セッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

は、恥ずかしい〜〜!

昨日のことです。

穏やかなお天気だったので、掃除のあと、空気の入れ替えのため1階の窓すべてを開けたのですが、

すっかりそのことを忘れ、2階でピアノの練習を始めてしまいました。

マイナスワンを大音量でかけながら、1時間ほど練習してから、外出の用意をしようと1階へ降りて、、、、、、、、。

がーーーーーーーーーん!!

でした(^_^;)



春にも、夏にも、秋にも、同じ失敗を何度となくしているのですが、冬にも。。。。。

posted by piomio at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。